わくわくアバター作成日記3(VRChatにアバターをアップロード)

こんにちはこんにちは。わくわくアバター作成日記の第三弾です。 VRChatは一定期間遊ばないとオリジナルアバターをアップロードすることができませんが、先日私のアカウントのアバターアップロード制限が解除されました。 そこで、いままでつくっていたアバターをアップロードしてみました。

f:id:piyorinpa:20190307002244p:plain
VRChatの世界へようこそ!

しゃがむボタンを押すとなぜかキャラクターが床から生えるみたいな感じになっちゃうけど...。

f:id:piyorinpa:20190307002457p:plain
しゃがむとめりこむ~

鏡の前で静止していると、静止モーションによって微妙にアバターが動くのですが、生きているみたいですごく感動します。

VRChatであそんでみる

アバターをアップロードするには「アップロード制限」を解除しないといけないのですが、はてどうやって遊んだらいいんだ..。という気持ちでさまよっていたら、「Fantasy Shukai jou」というワールドにたどり着きました。ここは日本の方が多く参加されることで有名らしく、ここで右往左往していたら話しかけていただき...という感じでVRChatの雰囲気をつかむことができました。また、VRChat内でお会いした方々やTwitterのフォロワーさんなどにお友達になっていただいたりして、そうこうしているうちにアップロード制限が解除されました。(一説によると、フレンドの数が関係しているとかしていないとか...)

BlenderのモデルをUnityにインポートする

モデリングデータをUnityで加工しつつ、VRChat SDKとよばれるUnityプラグイン(であっているのかな?)を用いてアップロードします。 シェーダ(ポリゴンがどのように描画されるのかを決定するもの)を設定したり、色味を調整する作業はUnity上で行います。

以下の二つのサイトを参考にさせていただき無事アバターをアップロードできました。

memoid.net

vrchatjp.playing.wiki

ハマったポイントは以下のとおり。

アバターの足の裏がXY平面上にある必要がある

VRChat SDKの「Show Build Control Panel」画面で、 This avatar is too short. The minimum is 20cm shoulder height. というエラーメッセージが出ていましたが、むしろアバターは大きすぎるくらいに大きいのでなんでだろう~、と言いながら作業していたら、どうやらBlender上でアバターがXY平面に接地する&Z軸が体の中心になるように配置するとエラーが解消されました。基準面から高さを測定しているのかな..。

f:id:piyorinpa:20190307010851p:plain
アバターがXY平面に乗り、Z軸が体の中心になるようにする

アバターのサイズが大きすぎる

アバターのサイズが大きすぎてVRChat SDKの「Show Build Control Panel」画面でエラーが出ていました(エラーメッセージは忘れてしまった...AABBがはみ出しているよ!みたいな感じのエラーでした)。Unityの Hierarchyペインからアバターを選択し、Scaleを調整することで回避しました。アバターモデリングデータを更新したい場合、Unity上に配置したアバターを一度消して再配置しなければならなくなり、Scaleも設定しなおさないといけなくなるので、ここで設定したスケール分だけ後でBlenderで拡縮調整してやるとよさそうです。

f:id:piyorinpa:20190307011418p:plain
Scaleをよしなに設定する

テクスチャが表示されない

シェーダによってはテクスチャが表示されないものがあるらしく、アバターをインポートしたての頃は「目」のテクスチャが表示されず白目をむいてしまいました。 sprites/default シェーダを目のマテリアルに設定することでテクスチャが表示されるようになりました。

アバターがアップロードされているのにVRChat内に表示されない

私の場合は、VRChat SDKでサポートしているバージョンとUnityのバージョンが微妙に異なるために「アップロードには成功するけどVRChat内で表示されない」事象に遭遇しました。 UnityのバージョンをVRChat SDKでサポートしているバージョンに合わせて再度アップロードすることで解決しました。

まとめ

アバターづくりはたのしい~!といいながら作業しています。ようやっとVRC内でじぶんの体を動かせるようになってうれしいので、これから「リップシンク(会話に合わせて口が動く)」やまばたきなどを追加したい~という気持ちです。VRChat内では「piyoppi」というアカウント名で参加することがあるかもなので、お会いしたときはなにとぞよろしくお願いします(初心者なので失礼があるかもしれませんが。。。ついさっきもどうやらヘッドホンから音が出ていなかったらしく、呼びかけへの応答に失敗し、無視する格好になってしまったのでした。。。)

ではでは~